投資信託というもの

肝心の仕組みはどうなっているのか

投資信託を購入するのは

まず、投資信託を購入するにはどうしたらいいのでしょうか。

投資信託というものは、投資信託運用会社という会社が作成しているものであり、それぞれの投資信託運用会社によって特色が出ています。
では、投資信託はどこで売られているのでしょうか。
ほとんどの投資信託は、有名かつ大手の証券会社や銀行、そして郵便局が販売を代行しています。
それぞれの販売会社によって、取り扱っている投資信託が異なりますので、事前にチェックしておくのがいいと思います。

そして、その投資信託を購入した人たちが支払ったお金、つまり投資家たちから集まったお金をそれぞれの信託銀行で保管してもらい、その信託銀行が請け負っている運用会社の指示のもと、株や債券の売買を行うようになります。

それぞれの役割

ところで、投資信託に関係する会社がどのくらいあるかご存知でしょうか。
答えは、販売会社と投資信託運用会社、そして信託銀行の三点があります。
このページでは、その三点のそれぞれの役割をお話します。

まずは販売会社ですが、証券会社や銀行などのを指しています。
この会社の役割は、投資信託の販売の他に、投資家の口座を管理し投資家本人との懸け橋的な存在にもなっています。

次に投資信託運用会社ですが、投資信託そのものを作成し、投資家たちから集めたお金をその筋の専門家が運用していきます。

そして信託銀行ですが、投資家たちから集めた資産を大切に保管や管理をしているところです。

この三点の会社の頑張りで、投資信託は成り立っているのです。

TOPへ戻る